繊細な舌を持っておらず味が分からないのでただひたすら「美味しい美味しい」と何の参考にもならない感想を書き綴るメモですよ。


by running-high

<   2006年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

f0052227_23485888.jpg

今日ついに人生のターニングポイントを通過した。
その選択が正しかったのか間違っていたのか。
不思議とその答えを知りたいと思わない自分がいる。
今はただ新しく設定した目標を着実にこなしていくだけだ。
それ以外に出来ることもないんだから。

グーテンカルロスのアンブリオ。
相変わらずトリペルとは出会えないが、
その代わりにと勧められたのだ。
アヘルブラウンに似た甘さと軽さだが、
コクはしっかりと残していてとても美味しい。
こうなるとやはりトリペルが…。トリペルが…。トリペルが飲みたい!
[PR]
by running-high | 2006-11-28 23:48 | Drink!

ロッシュフォール 10

f0052227_21564298.jpg

自分の部屋ではなかなかお酒を美味しく飲むことが出来ない。
専用のグラスがなかったり適温に冷やせなかったり
上手く注げなかったり雰囲気が違ったり
色々な理由があるが、やはり最も重要なのが楽しい話し相手だ。

美味しいものを飲んだり食べたりしているのに
他の人とその感動を共有できないなんてなんと寂しいことか。
結婚するならお酒を飲める人という条件は必須だ。

当たり前だが、ロッシュフォールの10は以前に飲んだ8より濃厚だ。
しかし、あっさりとした甘さで飲みやすく
スモークされたような香りが印象的なビールだ。
[PR]
by running-high | 2006-11-26 21:56 | Drink!
f0052227_21591738.jpg

東京出張での締めの一杯になったのがこれ。
セントベルナルデュスのアブト!
店長イチ押しというだけのことあって本当に美味しい。
香り豊かでほのかな酸味があって力強い味わい。

当初、甘い濃いビールばかりを求めていたが、
最近はビールの飲みパターンが決まってきた。
最初は軽く徐々に濃くして最後に後味の良いビール。
少しはビールに慣れてきたか。
[PR]
by running-high | 2006-11-19 21:59 | Drink!
f0052227_22225016.jpg

ビールにはバーレイワインというスタイルがある。
ビールなのにバーレイワイン。
どういうことか初めて見た時は何だかよく分からなかったが
飲んでさらに驚いた。

本当にワインのような風味なのだ。
このアメリカのビールであるローグエールのバーレイワインは
甘くて濃厚で非常に美味しい。
グーテンカルロスに引き続き個人的にお気に入りのビールだ。
[PR]
by running-high | 2006-11-15 22:22 | Drink!
f0052227_19455819.jpg

なんとなく名前に惹かれて。
そんなことって意外に多いのではないだろうか。
例えば、別にかわいい訳でもないのに
昔好きだった人と同じ名前だと少し気になったり。
綺麗な名前の街に行ってみたくなったり。

僕は「高原ビール」という響きに弱い。
銀河高原ビールしかり、この富士櫻高原麦酒しかり。
共に名前をメニューリストに見つけるだけで爽やかな気分になる。
そしてこのビールはそんな気分を裏切らない。
名前の通り(?)柔らかでフルーティーな味わい。
[PR]
by running-high | 2006-11-15 19:45 | Drink!
f0052227_09361.jpg

最近ベルギービールが美味しいと思って夢中になっていたが
たまたまモルツを飲んだ時に日本のビールもわりと美味しいものだと気付いた。
日本でよく飲まれるビールはスーパードライ、ラガービール、
一番搾り、モルツあたりだろうか。
これらが全てピルスナーと呼ばれるスタイルであるために
日本のビールがあまり面白くないように感じてしまうのかも知れない。
しかし、日本にも様々なスタイルの地ビールがあり
様々な味わいを楽しませてくれるのだ。

そんな地ビールの中でも最高峰に君臨するのが
このナインテイルドフォックスだろう。
那須高原にて作られるこのビールにはヴィンテージが入っており
ご覧の通りワインのような感覚で頂く。

今回のは2005年もの。
味はまろやかで甘くて濃くてほんのりとした苦みが絶妙。
香りが少し特徴的か(樽の匂い?)。

なかなか流通しておらず超のつくレアモノなので
出会えたら必ず味わっておいた方が良い。
[PR]
by running-high | 2006-11-13 00:09 | Drink!
f0052227_20205264.jpg

何故かグーテンカルロスのトリペルに出会えない。
置いてある店はいくつかあるのに
私が頼む時には見事に品切れしているのだ。

ため息をついていたら店員さんがこれを勧めてくれた。
セントベルナルデュストリペル。
グーテンカルロスのクラシックほど濃厚ではないが
程よい甘みと酸味でなかなか美味しいビールだ。
[PR]
by running-high | 2006-11-10 20:20 | Drink!
f0052227_206715.jpg

なんとこれもヒューガルデン産み親が作ったホワイトだ。
セリスホワイトともまた違った味わい。

全然このビールとは関係がないのだが、
最近、知人がヒューガルデンをセロリの風味だと言ったせいで
ホワイトビールを飲む度にセロリを思い描くようになってしまった。
全くそんなことはないのだが…。
[PR]
by running-high | 2006-11-10 20:06 | Drink!

セリスホワイト

f0052227_010868.jpg

ヒューガルデン産みの親が新転地にて作り上げたビール。
同じホワイトでもヒューガルデンより濃厚な感じ。

このようにバイネームで売れる職人というのはやはり素晴らしい。
そういう人は新しく何かを生み出す力を持っていて
どこへ行っても期待を裏切らない結果を出すのだ。
[PR]
by running-high | 2006-11-10 00:10 | Drink!
f0052227_1852716.jpg

トラピストビールと言えば色・味・アルコール度数ともに濃いものが多いが
このウエストマールは色が淡く比較的軽い感じのビールだ。
ホップの香りが特徴的でフルーティーな味わいは最高に美味い。

今は出張で東京に来ているのだが、
やることは何も変わらないのが良いのか悪いのか。
終電が遅いので気をつけないと飲みすぎる。な。
[PR]
by running-high | 2006-11-08 19:52 | Drink!