繊細な舌を持っておらず味が分からないのでただひたすら「美味しい美味しい」と何の参考にもならない感想を書き綴るメモですよ。


by running-high

<   2006年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

トリプル カルメリート

f0052227_1932579.jpg

カルピスの匂いがする!
グラスの模様に惹かれて頼んだこのビールには本当に驚いた。
ほんのりとした甘みと強いホップの香りが特徴だろうか。

ここのところ忘年会シーズンということで
ほとんど毎日「ウコンの力」にお世話になっているが
肝臓をいたわる他にもビール飲みはプリン体に気をつけないといけない。
という事でビールの食べあわせとして良いものを調べてみた。

●くだもの
バナナ、メロン、グレープフルーツ
●野菜など
ほうれん草、にんじん、キャベツ、大根、なす、じゃがいも
●海藻類
ひじき、こんぶ、わかめ
●その他
牛乳、大豆、干し椎茸

若くして痛風は避けたいところ。
意識して摂取しよう。
[PR]
by running-high | 2006-12-27 19:32 | Drink!
f0052227_11151423.jpg

クリスマスに特別な意識がある訳ではないが
プレゼントを贈りあう日があるということは
ゆとりへのススメのようで楽しいことだと思う。

ところでプレゼントというのは本当に難しい。
知人の就職祝いに何を贈ろうかと革小物、文房具などを見ていたら
自分が欲しくなって困るのだ。
誰かクロスのボールペンくれないかな…。

ヒューガルデングランクリュ。
ホワイトと同じくフルーティで爽やかだが、より濃厚で上品な味わい。
これでヒューガルデンは三種類の銘柄を飲んだが
本当にどれも安心感がある美味しさだなぁ。
[PR]
by running-high | 2006-12-26 11:15 | Drink!
f0052227_21132641.jpg

待ち合わせ場所で待つこと30分。
連絡を待つこと60分。
しかし、約束は果たされなかった。
悔しかったのが諦めて帰ろうとした時に携帯がなったこと。
「携帯を家に忘れてた。待ち合わせ場所にいたけどもう帰った」と。
場所間違ってるし、既に帰ってるし。

相手が遅刻した時にどれくらい待てるか。
人によって意見の別れるところなんだろうなぁ。

このビールはまるでメレンゲのような泡がたつ。
綺麗な透き通ったブロンドでフルーティだが後味がガツンとくる印象。
勢いでグイグイいくと危なそうだな。
(右はデリリウムクリスマス)
[PR]
by running-high | 2006-12-21 21:13 | Drink!

レフ ブロンド

f0052227_16553164.jpg

簡単そうに見えるのに実際なかなか出来ないこと。
そういうものは世の中にたくさん存在するが、
中でもより多くの賛成を得られるのが「ビールを注ぐこと」ではないだろうか。

ビールを注ぐにはいくつかコツがあるのだが、
それを実践したつもりでもなかなか上手く注ぐことは出来ない。
どれだけ自分の視線が客観性を欠いているか
いつも意識していないといけないように思う。

レフブロンドはレフの中では比較的あっさりとしたタイプ。
フルーティでしつこくない程度の濃さが美味しい。
[PR]
by running-high | 2006-12-18 16:55 | Drink!
f0052227_14242257.jpg

休みを利用して部屋を片付けている。
そのなかでいつか使うかもと思って残していた本や資料を
思い切って捨ててしまうことにした。
たくさんの資料を前に思ったのが
「いつか」ほどあてにならない希望はないということ。
まあ、そんなことを言うと少し冷たいようだが
言葉の特性を理解して間違わずに使う必要があるのではないだろうか。

このカスティールブリューンは驚くほどに甘い。
甘いビールは好きだがこれは最後まで飲めなかった。
やはり何事ほどほどにだなぁ。
[PR]
by running-high | 2006-12-16 14:24 | Drink!
f0052227_13463174.jpg

昨日が最後の出勤日だったというのに
特別に何をするでもなくテレビドラマを眺めて
流星群が見えない雨にため息をつく。
そして気付けば時計は明日を刻み始めて
僕は実感のなさに呆れながらこの記事を書いている。

たった1年10ヶ月の短い期間ではあったが
あまりにたくさんの出来事が起こりすぎたのか
とても長い不思議な夢を見ていた気分になる。
「あー、楽しかった」
一緒にそう振り返って笑うことが出来る仲間がいて僕は本当に幸せだ。

これはグーテンカルロスのクリスマス。
とても濃厚でクラシックよりもアルコールを強く感じるが
やはり幸せな気分になるくらいに美味しい。
また来年も楽しく飲めるようにしっかりやっていこう。
[PR]
by running-high | 2006-12-15 13:46 | Drink!

アベイデロック

f0052227_0345327.jpg

久しぶりな人から連絡があった。
「なんとなくどうしてるかなと思って」
そんな風に思い出してくれる人がいるなんて
僕はつくづく幸せ者だなぁと思う。

このビールは甘くて濃厚なタイプで美味い。
グーテンカルロスクラシックに近いか。
[PR]
by running-high | 2006-12-11 00:34 | Drink!

デリリウム クリスマス

f0052227_21264261.jpg

ヨーロッパの人々にとってクリスマスは特別な日なのだろうか。
日本では賀正ラベルを見てもクリスマスラベルは見たことがない。

デリリウムのクリスマスは普段のものより苦い。
いつもの可愛い象さんがサンタのソリをひいていて
よりいっそう飲みやすそうに見えるのに。
最近は飲み過ぎているせいか
軽くてあっさりしたものが好みになってきたので
こういうビターかつ濃厚なビールは苦手だ。

原点回帰。ヒューガルデンホワイト万歳!
[PR]
by running-high | 2006-12-06 21:26 | Drink!
f0052227_23223337.jpg

クリスマスビールが入ったと教えてもらったが
飲みたいと思ったビールが大瓶だったため断念。
仕方なく目についたものをオーダーしたが、ひと口飲んでため息。
想像以上にスパイシーで苦かったのだ。
手元にある洋なしのタルトとは
見事なほどに正反対のベクトルであわず、
僕にとってひと足早くの苦いクリスマスとなった。

ところで、ファッションでも何でもそうだが
センスよく合わせるというのは難しい。
環境を把握して選択と集中を行う。
まるで経営のようだなぁ。
[PR]
by running-high | 2006-12-04 23:22 | Drink!
f0052227_18565840.jpg

ついに出会えたグーテンカルロスのトリペル(しかも大瓶)!
クラシックより濃厚なのかと思っていたが、
色は意外とゴールドで柔らかな感じ。
そして味わいはもう幸せとしか表現できないほど。

終わりと始まりを祝うパーティにどうしても欲しいと
店の人にお願いして一本分けてもらったので
来週末は最高のパーティになりそうだ。
[PR]
by running-high | 2006-12-03 18:56 | Drink!